本文へスキップ

住宅/石井板金.塗装は、住宅/リフォーム 外壁塗装・屋根塗装・屋根葺き替えを専門とする、住宅/リフォーム工事業者です。

電話でのお問い合わせはTEL.0263-87-6768

〒399-7101 長野県安曇野市明科東川手562-1

着工面積と内容の確認の紹介

一般的に業者は、正確に屋根/外壁塗装面積を図ってくれますが中には素人相手だからと思って、不正屋根塗装/外壁塗装面積を計上している場合もあるので読み取る知識をもって見落とさないようにしたいものです。

住宅/石井板金.塗装では担当者が建物の劣化状況を丁寧に調査し、大切な貴方様のお住まいに最適な住宅リフォーム工事プランをご提案させていただきます。貴方に満足頂けるように常に考えて工事を行っています。


工事箇所 着工面積と内容の確認


外壁塗装・着工面積と内容の確認の紹介外壁塗装/屋根塗装見積書/契約書、まずは施工面積をしっかり確認しましょう。一般的に業者は、正確に屋根/塗装面積を図ってくれますが中には素人相手だからと思って、不正な面積を計上している場合もあるので読み取る知識をもって見落とさないようにしたいものです

外壁塗装/屋根塗装 数社の業者で塗装見積もりをした場合を例に挙げると…大幅な誤差があれば、業者が屋根/外壁面積の算出を間違えているケースも考えられます。そうしたことがないように、塗装見積の段階で必ず確認しましょう。


外壁塗装面積の求め方外壁塗装の面積の求め方
@外壁の総面積 建物の高さ×建物の全周=外壁u面積
A窓部分の面積 窓+玄関扉+勝手口扉等 差し引かれる面積です。

外壁塗装面積 @外壁面積-A間部分面積=塗装する外壁の面積です。


外壁塗装面積の求め方外壁塗装の面積の求め方
@外壁の総面積 建物の高さ×建物の全周=外壁u面積
A窓部分の面積 窓+玄関扉+勝手口扉等 差し引かれる面積です。

外壁塗装面積 @外壁面積-A間部分面積=塗装する外壁の面積です。

 外壁塗装面積の求め方の詳細の紹介


外壁塗装面積の求め方屋根塗装の面積の求め方
@屋根の総面積 横m×縦m=屋根u面積
屋根塗装 面積の求め方詳細イラスト

外壁塗装面積の求め方延床面積の出し方

延床面積の出し方の詳細の紹介

横面積×建て面積=延床面積
A.7.1×7.1=50.41×2=100.82u B.5×10=50×2=100u C.5×12=60u+8×5=40u=100u
延面積の求めからの詳細の紹介


屋根/外壁塗装 数量単価確認外壁塗装の塗装面積や単価を確認しましょう
外壁塗装 塗装面積チェック画像

塗装見積書は一般の方には、見慣れていないこともあって不明瞭に感じてしまいます。そのうえ屋根/塗装面積や単価が記載されていない場合は疑問符がつきますね。

その際も理解できるまできちんと確認しましょう。ある程度の知識を身に着けておくのも大事な事です。 塗装見積で良い業者の見分け方を参考に



外壁塗装 下地処理外壁下地処理方法を確認しましょう
外壁塗装をはじめる前に行う下地処理ですが、ときに別項目に含まれていることがあります。塗装見積書に記載されていない場合は、塗装の基本で土台となる大切な作業工程ですから 外壁の現状把握のためにも、処理がどのように必要なのかをきちんと確認しましょう。そしてきちんと塗装見積りに含まれているかも必ず確認しましょう。

外壁下地処理画像 外壁塗装下地処理画像.1 外壁塗装下地処理画像.2

外壁塗装 塗料の種類外壁塗装の塗料の種類を確認しましょう
外壁塗装を依頼する工事に使用される塗料の種類は重要な確認ポイントです。アクリル・ウレタン・シリコン・フッ素の順で価格帯も耐久性も高くなっていきます。塗装見積りを安価に抑えるために外壁の現状とマッチしない塗料を使われてしまう恐れがあります。現状にあった外壁塗装の塗料であるかきちんと確認しましょう。

外壁塗装 塗料の対応年数画像
外壁塗装 塗装回数確認外壁塗装の塗装回数を確認しましょう
一般的な外壁塗装は、下塗り→上塗り→仕上げという順に重ね塗りをします。一つ層を塗る度に耐久性と外壁強度を高めますので、塗装回数が減ると耐久性も強度も低くなってしまいます。屋根/外壁塗装工程をきちんと確認しましょう。塗料メーカーの作業工程を守らないと耐用年数は低下します。

屋根/外壁塗料に付いて屋根/外壁塗料に付いて
外壁/屋根塗装今までは3回塗りが普通でしたがトリオメーカーも開発に力を入れて2回塗りで3回塗りの効果のある塗料も出てきています 屋根/外壁塗装の価格も安くなります 外壁塗装の場合は2回塗りの塗料も検討したらいかがでしょうか。下塗いらないの外壁塗料菊水化学ファインコートシリコンの詳しい詳細へ


外壁塗装 見積書一式を確認外壁塗装の見積書一式の記載を確認しましょう
見積書の項目欄に「一式」と記載されていたら要チェックです!なぜなら塗装見積書はきちんとした理由・内訳があって価格・材料の記載がされています。「一式」とひとまとめに記載されている場合は内容の確認をしましょう。塗装見積に付いては見積で良い工事業者の見分け方を参考に


外壁塗装 見積書/契約書屋根/外壁塗装見積書を より詳細に明記してくれる業者は、優良かつ適正な価格を提示してくれると考えてよいでしょう。

住宅/石井板金.塗装の電話連絡に付いて住宅/石井板金.塗装 電話連絡に付いて
ご迷惑をお掛けしています 連絡はお問い合わせフォームか電話0263-87-6768/携帯 080-5145-7293又は isiibankintosou@yahoo.co.jp にメールをくだされば幸いです。担当石井

石井板金/塗装住宅/石井板金.塗装ではお問い合わせフォームで質問があっても しつこい営業は一切いたしません メールでは返答のみを返信致します。メールでの営業もいたしませんのでご安心下さい。適正での価格で工事を行って頂きたい為お気軽に!!

   住宅/石井板金 塗装 お問合せ/無料見積は下記へ
お問合せフォーム お気軽にお問い合わせ下さい。石井板金.塗装

@石井板金/塗装工事材料に付いて

材料は(一般的な良い材料)での工事を行っています 材料は色々ありますので工事会社に良く話を聞いてみることが大切です。当事業所の工事は貴方に満足頂けるように常に考えて工事を行っています。

A石井板金/塗装工事価格に付いて
工事価格は個人事業所ですので大手会社より工事価格は低価格です 大手会社と同じ材料を使っても工事価格は低価格で工事を行っています。材料の質を落とせば工事価格は安くなります。

B外壁塗料に付いて
塗料は貴方様の外壁に合った外壁塗料を紹介いたします。外壁塗装の塗料は年々良い塗料が出て来ています。石井板金/塗装では現在の塗料は関西ペイントアレスダイナミックTOP(2液)です。高性能で上塗で外壁を長期に保護する塗料です。 

関西ペイントアレスダイナミックTOPの特長
@最上位品フッ素に迫る高耐候性 A樹脂性能を最大限に引き出すラジカル性御技術を採用 B超低汚染 Cカビ/藻が付着しにくい D臭気の少ない水性塗料 E艶の選択が可能(艶あり/7分艶/5分艶/3分艶 F強力な付着力(強化剤を配合することで湿潤面や高湿度環境での施工が可能) G対応年数15年 関西ペイントダイナミックTOPの詳細はこちらへ

C屋根塗装/塗料に付いて
塗料は貴方様の屋根に合った屋根塗料を紹介いたします。屋根塗装の塗料は年々良い塗料が出てきています。石井板金/塗装で現在使用している塗料は関西ペイントのスーパーシリコン(ハイブリッド)2液性の塗料です。

スーパーシリコン(ハイブリッド)2液性の特徴
高光沢で耐候性(ツヤ持ち)が抜群!速乾性で塗装後の結露や降雨による白化がおこりにくい塗料です また、低温時の乾燥性/進耐候性にも優れています。XWOM2500時間だから塗り替え周期が一番長い塗料です。関西ペイントスーパーシリコン(ハイブリッド)2液の詳細へ

D屋根葺き替え 屋根板金に付いて
材料はお客様の指定の材質のものを使うように心がけています。石井板金/塗装の現在使っている材料は ガルバリウム鋼板(横平葺き)(立平葺き)(GMルーフ葺き)の材料を扱っています。他にも色々な材料があります。

E品質の良い工事 悪い工事とは
手抜き工事は職人さんの性格 などがあげられます 高い工事費を払えば良い工事を行ってくれると思っている人がいますが それは間違えです 職人さんの性格 おおざっぱな性格の職人は工事もいい加減です。

良い工事 工事業者の方針と職人さんの性格です。細かい所まできちんと行う職人さんがよい工事を行えるのです 貴方の要望を良く聞いてくれる業者  工事の後道具 材料をきちんとかたずけていく職人さんは工事も丁寧に行ってくれます。良い職人さんのいる 工事業者に巡り合えると良いですね。

工事後のこだわり


石井板金.塗装は工事後のお付き合いを大切にしています。住宅/石井板金 塗装では工事が完了してからが本当のお付き合いの始まりと考えています。 

貴方のご家族が健康で安心して暮らしていける様、当事業所は定期的に問題がないか? 工事終了後も定期的に伺わせて頂きます。

住宅リフォーム工事をさせて頂いたご家族の皆様 誠に有難うございます。定期的に点検にお伺いさせて頂きます。これからも宜しくお願い致します。

石井板金.塗装の安心保証 責任施工制度

住宅/石井板金.塗装では、お客様により安心してご依頼頂ける為に、工事に関しての保証書を発行しております。「住宅/石井板金.塗装では、品質基準を作り、屋根の施工に関して「責任施工制度」を実施しています

「住宅品質確保法」に象徴されるように住宅の品質がより厳しく問われる時代となり、住宅/石井板金塗装「責任施工制度」も、これに対応すべく形を変えてきました。屋根に求められるのは「美観・防水性・耐久性」ですがこれら全ては優秀な技術者の施工や、管理によって保持することができます。

屋根板金・屋根葺き替え・外壁塗装・屋根塗装はもちろん地域未着 心と心のつながりをスローガンに掲げ施工する事業所として全てのお客様に信頼と安心をお届していけるよう日々努力しています。